2016-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

<コラム一覧>

メルマガ登録・解除 ID: 0000001457
メル友募集の女の子、男の子の情報を毎週メルマガで配信中♪
ここで学んで実際にメル友を募集して友達を増やそう。
   
メル友を募集する バックナンバー
entry_footer
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •  comments(-)
  •  trackbacks(-)
  •  top△
entry_footer
entry_header

メール内容は相手の返信内容を想像しつつ!

内容に困るメール

さて心のこもったファーストメールのおかげもあってメールの返事が来ました
次はどうしたらいいでしょうか?

<メールでの注意点まとめ>
・偏った趣味の話
多趣味なのはいい事です。
ただいきなり自分の趣味に関して「深く」書くのは控えよう。
最初は無難な映画の話などがベターです。

・シモネタ
男性でも女性でもいきなり話をシモネタに持っていくのは相手に引かれます。
シモネタ出来る人もいれば出来ない人も居ます。
その辺は何度もメールして徐々に相手を知ってから会話出来そうならそういう流れに持っていきましょう。
焦りは逆にチャンスを逃します。

・自分の事だけ話す
トークは聞く力も重要です。
いっぱい話すのが話し上手とは言えません。

メールでも受け取った方の気持ちに立って会話を組み立てなければなりません。
こう送ったら、相手の性格からしてこういう返事がくるかな?と想像してみると良いでしょう。
性格を把握するまではあくまでも控えめに話をする事が重要です。
entry_footer
entry_header

メールの見やすさを意識しよう

読みやすいメール

さて心のこもったファーストメールのおかげもあってメールの返事が来ました
次はどうしたらいい?
セカンドメール以降についてのお話。

あくまで自然体にいきましょう。
注意点としては見づらいメールは送らない。
相手の事がわかるまでは突っ込んだ話をしない(シモネタなど)。
などなど色々あります。

<メールの見やすさを意識>
見づらいメールとは

・タイトルそのままで返信
→「Re: メール有り難うございます」
 このようなタイトルの返事よりも
 「メールの返事ありがと」
 などタイトルをちゃんと変えた方が好印象です。

・全文を引用したまま返信
→部分的に引用するのは見やすくていいのですが
 全文引用するのはメールの量的に長くなり見づらくなります。
 ましてや引用部分の方が長くて実際の文章が短いメールなどは最悪です。

自分自身が同じメールを受け取った時にどう感じるか?
それを常に意識してみましょう。
趣味とか好きな食べ物とか、返信し易い文章を組み入れてみるのも良いでしょう。
entry_footer
entry_header

ファーストメールは最重要!

自分からメールを送るファーストメールはとても重要です。
自分からメールを送信した場合、メールのやりとりを出来るかは、ファーストメール次第なのです。
届いたメールの中で貴方のメールを目にとめさせなければ返事の期待は出来ません。

ファーストメール

ここでも重要になる事は自分が貰った時の事を考えようという事。

<ファーストメールの注意点>
・短い文章でどういう人か、わからないメール
 → 数多く届くメールの中で目に付きません(特に男性から送る場合)
・自分の事を伝え、相手の事を知る事を意識しよう
 → 知ってもらえれば知ってもらえるほど、知れば知るほど話題の幅は広がります
・長すぎるメール(横や縦)
 → 読むのがかったるくなるメールは読まれません
   横は~30文字程度 縦はあまり長くならないように(適度に区切りを入れましょう)
・あからさまなコピーメール
 → 相手が募集している内容とは全く違う事が書かれているなど
   相手がプロフィールなどに書いてある事に対するコメントとかは好印象!
・きちんとまずは自己紹介をする事
 → 上記の点をふまえて長すぎず、短すぎず
   上手にアピールしましょう
・アピールのしすぎに注意
 → 出会いが無いとか結婚したいとかアピールのしすぎに注意しよう
   余裕を持って自然に振る舞う事が大事です
・下心見え見えのメール
 → 男性でも女性でも引かれてしまいます

※上記はファーストメールに限らず重要な事ですが、特に初回は意識をしていきましょう

慣れるまでは大変だと思いますが、自分なりに工夫して高返信率目指してがんばりましょう!
トライ&エラーの精神が大切です。
entry_footer
entry_header

メールを書く前にすべき事

まず最初にする必要があるのが自分に合ったメール友達を探す事ができそうな出会いサイトを探す事。
メール友達を見つける事が出来るサイトは星の数ほどある。
当サイトのようにメールマガジン(メールフレンド募集)で探せたり、登録者から検索出来るものまで色々。
その中で自分にあったサイトを見つける事が第一歩。
メール友達を探したいのか?
リアルな友達を探したいのか?
恋人を探したいのか?
それとも。。。?
人それぞれ目的が違うので、利用するサイトもまた変わってくる。

サイトを探したら、ファーストメールを送り(または待ち)、メール友達を作っていく事になる。

では、サイトを使ってメールを書く前にすべき事は何だろうか?
それは、メールを送りたいと思った方のプロフィールを熟読する事
プロフィールは要チェック

そこに話題を盛り上げるポイントが隠れている。
自分に知識が無い部分(趣味など)は徹底的に調べてみよう。
インターネットであれば、ちょっと調べればそれなりの知識を得る事が出来る。
メールには相手が興味を持つ話題を取り込むのがポイントなのだ。
同じ事に興味を持ってる人に対しては心を開きやすい。
自分の趣味の話が出来る異性の方は話しやすいでしょ?
entry_footer
entry_header

文字の世界とリアルな世界

文字の世界(メールやチャットなど)とリアル(知り合いや友達など)は基本的には同じだと思う事。

顔が見えないから何を言っても(書いても)良いわけではありません。
ネットであれリアルであれ相手の気持ちを考える余裕が必要です。


顔が見えない事で積極的になれる事は文字の世界の利点と言えるでしょう。
ただ、リアルと同じであるって事は頭に置いておくべき。
相手をするのはコンピューターでは無くて人間です。
何を言っても良いわけではありません。
文字だけだからと気持ちを大きく持ち過ぎるのはやめましょう。
思いやりの心
※大事な事なので、もう一度。文字だけであっても基本はリアルと変わりません。
 ネットでモテる人もリアルでモテる人も相手への思いやりの心を持っている方です。



顔が見えない事で相手の気持ちが読み取りにくいのが文字の世界の欠点と言えるでしょう。
文字の世界で上手に人付き合いをするには、リアル以上に相手の気持ちを読み取る力が必要となります。
そして、相手に自分の気持ちを伝える文章力も必要です。
自分が書いた1行で相手の捉え方も貴方のイメージも色々変わってきます。

何事も経験ですが、文字の世界を楽しんでみましょう
entry_footer

side menu

side_header

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

完全無料のメル友サイト

side_footer

side menu

side_header

ブログ内検索

プロフィール

  • プロフィール

  • プロフィール紹介
  • お気に入りに入れる

  • IEのお気に入りに追加 IEのお気に入り
    RSSに追加

    管理用

    無料プロフィール紹介

    リンク

    カウンター

    side_footer
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。